キャッシング 借りやすい 業者比較

こちらのサイトでは「キャッシング 借りやすい 業者比較」というキーワードで、優良で安心できる、借りやすいキャッシング業者を比較しています。

 

 

「キャッシング審査で重要な事とは?《サラリーマン・OLの場合》」

現在の消費者金融会社は銀行系の業者が増えた事で、昔の様な「サラ金」というイメージはすっかり無くなっていると言っても良いでしょう。もっともこの「サラ金」という言葉は、元々はサラリーマンを対象にした貸付けであった事が由来となっているようです。

 

そんな消費者金融会社でのキャッシングは、現在ではそのイメージの向上やグレーゾーン金利の廃止などにより、低金利での利用が可能となった事でサラリーマンだけでなく自営業者や公務員の他、アルバイトのような非正社員の利用も多くなっているようです。

 

 

【サラリーマンがキャッシング審査に通る為の条件とは?】

消費者金融会社でキャッシングを利用する人の割合で言うと、サラリーマンやOLの利用は多く、その審査基準もある程度は明確になっているようです。

  • ●正社員として働いている
  • ●一定の勤続年数がある
  • ●一定の年収がある
  • ●現在他社で借入れをしていない
  • ●延滞のない返済履歴がある

 

キャッシング審査において以上の事柄が審査の基準と言われていますが、それぞれの業者によってその基準はまちまちである事も確かなようです。
正社員ではなくアルバイトやパートでも利用が可能となっている会社も多いようです。年収や勤続年数については一般的には200万円以上の年収であり、一年以上の勤続年数が理想的と言われています。それでもやはりキャッシング申込みをする会社によっては、就職をしたばかりの方や年収がその金額以下であっても利用が可能となっているようです。

 

[現在他社で借入れをしている場合]

一定の勤続年数や年収の基準に達していなくても審査に通る事は可能であるようですが、現在他社で借入れをしている場合には、返済日にきちんと返済をしている場合においても審査では不利になる事もあるという事です。
特に3社や4社といった多重債務者となっている方については審査に通らない可能性が高い為に、先に借りている会社で完済をしてから申し込みをされる事をオススメ致します。
それも困難である場合にはキャッシングを考えるよりも、元金や利息を軽減して貰ったり借金自体を無くして貰う債務整理を選択する方法もあります。

 

 

[今まで返済をした事がない、金融事故のある場合]

今までにキャッシングをした事がないだけでなく、ローンやクレジットカードの利用もした事がない場合いは、意外にも審査において不利になる事もあるようです。今まで現金の支払いしかした事がないという方でも、信用がなくてローンやクレジットカードを持つ事ができなかったと思われてしまう可能性もあるようなのです。このケースでは俗に「ホワイト」と呼ばれているようですが、全くなにも利用の履歴が無いという事は決してプラスには働かないという事も事実のようです。

 

そして過去の返済において延滞があった場合や債務整理の履歴がある場合には、審査に不利になってしまう事が多いので注意が必要となります。この事は個人信用情報機関に事故の情報が登録されてしまうという事になり、各金融機関の行う信用調査においてもその事が判明する事になっているからです。

 

 

【正社員でなくてもキャッシングは可能】

前にも述べたように審査の基準は各消費者金融会社によって開きがあり、その条件を満たさなくても審査に通る可能性はあります。特に正社員ではない派遣社員やアルバイト、パートの方でも一定の収入や勤続年数があればキャッシング利用は可能となっている貸金業者はとても多いようです。
また就職をしたばかりの方、年収が少ない方等は審査においては確かに厳しい状況にあるようですが、審査に通る可能性もあるので安心して利用出来るアコムやプロミスのような大手の消費者金融会社で審査を受けてみると良いでしょう。

 

 

キャッシングをする際に借りやすい業者比較をするのでしたら、やはり、金利面、安心面、迅速さを重点的に考慮することをオススメします。ぜひ借りやすいキャッシング業者を選んで下さい!

 

お金を借りるナビ